Sponsored Links

ロシアW杯のテーマソングはRADWIMPS!解釈や歌詞の意味は?

Sponsored Links
320-100-17

今回は、ワールドカップ2018年のテーマソングがRADWIMPSの曲になったことを受けて、

どんな曲なのか

解釈や歌詞の意味はどんなものなのか?

についてお伝えしていきます!

 

ワールドカップが6月15日に始まり、1ヶ月強もの日程で熱い戦いが行われています!

CMに切り替わる時や、スポーツニュース番組が始まった時などに流れる曲が、テーマソングですよね!

前回はTBSのテーマソングとなった、EXILEさん、NHKのテーマソングのSuchmosさんを紹介しました!

ロシアW杯のテーマソングはEXILE!歌詞の意味や解釈は?

ロシアW杯のテーマソングはSuchmos!歌詞の内容や意味を解説!

今回はフジテレビさんでRADWINPSさんの曲が採用されたということで、曲の紹介と、どんな解釈で曲をつくたのか、どんな歌詞なのか、背景はどんなものなのか

を紹介していきます!!

 

Sponsored Links
320-100-17

テーマソングはRADWIMPS!

RADWIMPSさんの曲がスポーツ番組のテーマソングを担当するのは2011年度のNHKのサッカーのテーマソングに使用された「君と羊と青」という曲以来とのことです!

テレビ局の仕切りを超えて曲が採用されるなんてすごいですよね!

曲は、「カタルシスト」という6月6日にリリースされたシングル曲です!

それがこちら!

引用:youtube

このミュージックビデオは、RADWIMPSさんのライブツアー、「Road to Catharsis Tour 2018」の福岡公演が終了した直後に、突如会場内のスクリーンが切り替わり、この「カタルシスト」のミュージックビデオのフルバージョンが公開されたみたいです!

ミュージックビデオからは、近未来の都市を舞台に繰り広げられ、RADWIMPSが創り出す新世界が描かれているみたいです!

この中には様々な若いアーティスト達が参加していて、その才能やエネルギーが映像から溢れ出しているかのような印象を受けるそうです!

こちらの曲、サッカーロシアW杯のテーマソングに選ばれるにふさわしく、スポーツがテーマとなっており、観客からの視点で勝負を懸けた大舞台に立つ人たちをメインにとらえているそうです!

大舞台に立つ人達が抱える心理や緊迫感をRADWIMPSさんの特徴とも言える、ラップ調ボーカルで、その勇敢な姿への共鳴を壮大な旋律に乗せて歌い上げているそうです!

曲を聞いていて感じたのが、打ち込みのリズムトラックや激しいバンドサウンドが、スピード感たっぷりに聞こえ、まるで予測不可能なゲーム展開の中にいるようなドラマチックな気持ちに包まれる曲です!

 

解釈や歌詞の意味は?

この「カタルシスト」の曲の解釈や歌詞の意味について、楽曲制作に携わった、らRADWIMPSのボーカル、野田洋次郎さんは学生時代のことを重ねながら作ったそうです!!

学生時代は、ずっと音楽と部活をがむしゃらにやっていたそうで、その日々を過ごしていく中で、スポーツの感動に日々刺激を受けていたそうです!

そして、今回フジテレビさんから仕事のオファーが来た時に、

「絶対この曲を形にしたい」と思ったそうで、ぜひやらせてください! と仕事を受けたそうです!

自分の今まで思っていたことや、自分の経験を表現する場があるっていうことはとても素晴らしいことですよね!

自分のやってきたことは無駄なんかじゃない! 大事な経験だったんだ!と思うと、とっても嬉しく感じるものだと思います!

自分のやってきたことって何年後になるかわかりませんが、それが生かされたと思う経験は自分に自信がつくなとえーくは思います!

それが、TBSのワールドカップテーマソングなんて・・羨ましすぎます!

曲の解釈として、野田洋次郎さんは

あらゆる境界線をとり払い、人々を一つにつないでくれるサッカーと、この「カタルシスト」が一緒にみなさんのもとに届いたら幸せに思いますと、とある音楽インタビューで語られています!

 

RADWIMPSのグッズを紹介!

グッズを紹介します!気になるのがあったら、詳細と価格を確認してみてください(^^)

 

 

 

 

 

まとめ

RADWIMPSさんのフジテレビのサッカーテーマソング、「カタルシスト」についてわかっていただけましたでしょうか?

ミュージックビデオからは、近未来の都市を舞台に繰り広げられており、RADWIMPSが創り出す新世界が描かれているということ。

大舞台に立つ人達が抱える心理や緊迫感をRADWIMPSさんの特徴である、ラップ調ボーカルで、その勇敢な姿への共鳴を壮大な旋律に乗せて歌い上げていること。

この楽曲の制作にあたり、ボーカルの野田洋次郎さんが学生時代に感じた、音楽と部活をがむしゃらにやっていた日々を過ごしていく中で、スポーツの感動に刺激を受けたことを楽曲に込めたことをお伝えしました!

 

ぜひ今回をきっかけにRADWIMPSさんのことをもっと知っていただき、みんなでW杯を応援していただけたらと思います!!

 

Sponsored Links
320-100-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です