Sponsored Links

下町ロケット4話5話ネタバレ!最新ギアゴーストの中に内通者がいるのか?

Sponsored Links
320-100-17

下町ロケットの第4話が放送されました!

そこで今回は、下町ロケット4話ネタバレをしていき、最新ギアゴーストの中に内通者がいるのか?

 

をお伝えしていきます!!

 

出典:https://dorama9.com/2018/11/04/shitamachi-rocket-04/

 

前回の第3話の内容は、

佃はギアゴーストの社長・伊丹と副社長・島津を

佃製作所の経理部長である殿村の実家の田植え作業に招待しました。

そこで彼らは農業における技術発展の必要性を改めて確認しあい、

お互いの絆を深めました。

そして、帝国重工による信用調査も無事に突破することができた佃製作所。

本格的にギアゴーストの買収へと動き出そうとしていた矢先に、

ギアゴーストの中に内通者がいる可能性があることを弁護士の神谷に告げられて終わったのが、第3話でした!

 

今回の第4話はどのような内容になっているのでしょうか??

見て行きましょう!!

Sponsored Links
320-100-17

下町ロケット4話ネタバレ!

開発情報が外部に漏れている可能性があることを神谷に指摘されます。

ですが、伊丹は従業員の中に裏切り者がいると疑うことができないと佃たちに告げます。

島津の忘れ物をギアゴーストに届けに行った神谷は、そこで情報漏洩に関する重大なヒントを得ることになります。

情報漏洩を認めざるを得ない証拠を見つけ出した神谷に対して、伊丹は怒りを隠せず話を聞かぬまま立ち去ってしまいます。

神谷は島津に情報漏洩につながる人物の資料を託します。

島津の説得により伊丹は神谷が用意した資料を確認します。

その資料には驚くべき人物たちが写っていました。

一方で、佃製作所の仕事の傍ら、実家の農作業を行なっていた殿村は父の米作りに対する情熱、想いを強く感じ大きな決断をし、その決断を佃に伝えるというのが第4話でした!

 

感想としては、【裏切り者は誰なのか!?】ということがまず1つ目の焦点となっていた第4話でした!

ギアゴーストの技術を尊敬し、信じ、ギアゴーストを助けたい一心で真っ直ぐ突き進む佃に対し、

佃製作所とギアゴーストを潰すためにそれぞれを利用しあい、結束しあう人々の陰湿さの対比が色濃く描かれていることで視聴者の興味関心をより引きつけていたと思います。

ギアゴーストの社員で買収話に気づいてしまった坂本は、

その買収話を柏田にしてしまったことで柏田が情報漏洩を行なっているのではないかと疑っていました。

情報漏洩に関する犯人を柏田ではないかと視聴者の意識を向けさせながら、

情報漏洩の真犯人を明らかにする部分は視聴者を良い意味で裏切ってくれましたね!

また、従業員のことを信じていた伊丹の強い思いが砕かれることがなくて良かったとも思います。

社長の佃を始め、佃製作所の社員たちはギアゴーストの訴訟弁護を神谷に引き受けてもらうために、ある資料を必死になって探していました!

そんな中、島津にも黙ったまま伊丹はダイダロスの代表取締役社長・重田からの買収話を聞くことになります。

 

従業員の雇用保障はしないということで伊丹はこの買収話を断ったが、本当に断っていたのか・・・

佃たちは伊丹を本当に信用して良いのか!?

今後、注目していく必要があると見ていて感じました。

父親に代わり実家の農作業を手伝っていた殿村が父親の米作りに対する情熱、想いを強く感じ大きな決断をしました。

その決断を殿村が佃に話すシーンが2つ目の焦点であったことは明白であり、多くの視聴者はラスト10分で涙したのではないかと思います。

銀行員のままでは父親の米作りに対する情熱のカケラも決して理解できずにました。

しかし殿村が佃製作所に来たばかりの頃、佃製作所は銀行に裏切られ、特許侵害で訴えられ救いようのない状態でありました。

それでも会社を信じ、頭を下げて回る営業がいて、成功を信じ妥協しない技術者がいて、

そんな社員を信じ夢見ることをやめない社長がいたからこそ殿村はものづくりの楽しさを知ることでき、

田んぼを継ぐ決心ができたのではないかなと思います。

『何が一番大切なものか教えてくれたのは社長です』

と真っ直ぐに佃を見つめながら話す殿村の言葉には佃製作所を大切に思う殿村の気持ちが全て込められていたように感じましたね!

またそれに応えるように佃が殿村を真っ直ぐに見つめ、特許侵害で訴えられ佃が社長をやめようとした時に殿村が

『あなたは夢に愛されている。だから逃げちゃいけないんだ。佃製作所は良い会社だ。だから何としてでも守りたい。…守りたいんだ。』

引用:下町ロケット第4話より

 

という殿村の言葉があったからこそ今の佃製作所があるという感謝を伝え、

今度は自分に殿村の背中を押させてほしいと伝えるシーンは本当に感動的でありましたね!

佃にとっても殿村は必要な存在であったし、殿村にとっても佃は必要な存在でありました!

この絆があったからこそ、今まで起きて来たたくさんの試練も乗り越えられたのだと改めて感じさせてくれるシーンであり、

これでこそ池井戸潤さんの作品だなと感じました!

 

次回第5話の内容は?

佃たちはギアゴーストを救うためにある論文を見つけ出していたのだが、

それだけでは証拠不十分であり、ケーマシナリーとの訴訟に負けてしまうと神谷から告げられます。

佃たちは新たな証拠を見つけ出すことはできるのか!?

そして、新たな裏切りものが!?

ゴースト編がいよいよ完結する第5話は要注目ですね!!

 

まとめ

下町ロケット4話5話ネタバレ!最新ギアゴーストの中に内通者がいるのか?

 

というタイトルでお伝えしていきました!

次回の5話も楽しみですね!!

Sponsored Links
320-100-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です