ガキ使トレジャーハンターのロケ地はどこ?考古学2019は千葉で目撃情報?

Sponsored Links

ガキ使こと「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の笑ってはいけない24時が今年も開催2018年年末から2019年にかけて放送されます。

 

そこで今回は、ガキ使トレジャーハンターのロケ地はどこなのか?

考古学2019は千葉で目撃情報?についてお伝えします!!

 

あーちゃん
今回は考古学だって

 

そうなのです!今回のテーマは「ヘイポー財団法人お豆考古学研究所」となっております。

そこで様々な研修を受けるみたいです。

研修と言っても笑わせる企画ですね!笑

 

そして、毎年放送前からネット上で騒ぎになるロケ地!

ラッピングバスの目撃情報など、今回は見つけた情報をここでご紹介します!!

 

ラッピングバスの目撃情報!

毎回建物まで運んでくれるバスは、建物までにつくまでにたくさんの笑いが起きますね!

 

そのバスはガキ使仕様のため、どこかで加工して、撮影地まで持っていきます。

持っていく手段は普通に道路で走って向かうので、その途中で目撃する人が何人かいるのです!!

 

すると、今年はこんな情報を見つけました!

 

あれ?ラッピングする前のバスの姿があるではないですか!笑

投稿には「近所で」って書いてありますが、写真を見ると、建物内ということがわかるので、近所で建物内に入っているバスを見つけることなんてあるのでしょうか??

 

これは完全に推測ですが、写真はラッピングを依頼された業者さんか、またはその業者さんと仲の良い方が写真をとったのではないかなー?

と思います。

 

また、ケツバットされる時の「アウト〜」ってアナウンスもボタンでできていたのですね!!

あのボタンを押されるとケツバットになるのですね!笑

でもあのボタンを押す判断は1人で決めているのかな?

複数なのかな?

気になります。

 

ロケ地はどこ??

 

そして、気になるロケ地はどこなのでしょうか?

番組制作側もバスが撮影地に向かう際、あまり素性が明かされないように移動距離も少なくしていると思います。

となると、上の写真が取られた場所の近くということが予想されますね!

上の写真が取られた場所は千葉県だったらしく、どうやら今回のトレジャーハンター考古学の撮影地は千葉県みたいです!

 

 

そして場所は勝浦市で、廃校した中学校でロケしているみたいですよ(^^)

 

 

 

放送内容が楽しみになってきましたね!!

 

ガキ使笑ってはいけないグッズをご紹介!

 

ここで、ガキ使の笑ってはいけないの関連グッズをご紹介していきます!

気になるものがあったら、クリックして、詳細や価格を確認してみてください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

ガキ使トレジャーハンターのロケ地はどこ?考古学2019は千葉で目撃情報?

というタイトルでお伝えしました!

 

ロケ地は千葉県勝浦市の廃校した中学校という情報が有力ですね!

今後もガキ使笑ってはいけないの関連記事を更新していきます!

次回の内容が気になる方はぜひ、↓のFacebookで「いいね!」かTwitterフォローしていただくと、最新情報をお知らせできるので試してみてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です