Sponsored Links

キングダム577話578話ネタバレ最新!関常と番陽の会話に信の反応は?

Sponsored Links
320-100-17

ヤングジャンプ47号が発売されました!

 

そこで今回は、キングダム577話の内容をネタバレしていき、最新関常と番陽の会話に信の反応はどうだったかについてお伝えしていきます!!

出典:https://arkenji.com/10890.html

 

 

 

前回のおさらいはこちら

キングダム575話ネタバレ!最新壁と端和とキタリが次に向かうは??

 

Sponsored Links
320-100-17

 

キングダム577話ネタバレ!

 

最初の描写は、関常と番陽が2人で会話しているところから始まります。

王翦様は今でも賁様が自分の本当の子ではないと思っている・・・

※1

 

この内容を10Mぐらい離れたところから聞いてしまった信。

 

たまたま小枝を踏んでしまい、「パキッ」という声を聞いた関常が剣を抜いて、信にの前に行きます。

 

ここで関常と番陽はこの話を聞いてしまったのは、信だったということを目視で確認します。

なんだ今の話は

あいつが王翦の子供じゃねえって一体どういうことだ副官じじぃ

※1

と詰め寄る信

 

バカ

声が大きい

※1

と言いながらも冷や汗をかく番陽

 

ここで関常が

そんな話は一切していないお前の勝手な聞き違いだ

よいな勝手な聞き違いを他で面白おかしく話すなよ

王一族に仕えるものとして飛信隊信であろうとそんなことは絶対にゆるさぬぞ

※1

と釘を打つ

 

ここで信は

すっこんでろヒゲモジャ

俺はそこの番陽と話をしてたんだ

※1

 

と関常をシカトをする信

 

信が続けて

王翦が自分の子供じゃねぇって疑っててそれを王賁も気づいてる節があるって・・・

それじゃああいつは・・

※1

と言っていると、

 

関常は変わらず、だからなんの話だ

とまだとぼけ通そうとしますが、ここに番陽は

もういい関常!

※1

と会話をさえぎります。

 

中途半端に聞かれておかしな吹聴をされるよりこの男にはある程度説明してやる方がいい

※1

と話す番陽

 

関常がこの男は完全に部外者だぞというのですが、

 

番陽はそうでもないと話しします。

続けて

関常いよいよ戦況は予断を許さぬ明日我々が戦死してもおかしくない・・

※1

と言います。

 

 

どうやら番陽には王賁の抱える苦しみを知る者が王賁の周りからいなくなってしまうことに不安を感じているみたいで、それだけは避けたいみたいです。。

 

よいな

今からいうことは死ぬまで他言せぬと誓え

※1

という番陽

 

関常が正気か?よりによってこんな飛信隊信にというのですが、番陽はそのまま会話を続けよとします。

 

なんだよそんなにヤベー話なのか?

実はあいつも戦争孤児とかで王翦の養子になったとかか?

※1

と質問しますが、

 

番陽に

そんなバカな話しがあるか賁様をどこぞの元下僕と一緒にするなバカ!

しかも養子なら疑うもなにもないだろう

※1

 

と信は言い返されて、自分の頭のなさなのか、「ぬっ」とムカついた様子です。

 

キングタムはたまにこういった抜きの場面があるのはとってもいいですよね!!

緊張した雰囲気が一気に和みます(^^)

 

ここで番陽の言葉で過去の回想が始まります。

 

王賁の母親は朱景という名前で関家の姫であるということ

教養もあって、多くの求婚を受けたみたいです。

 

王一族も名家中の名家両大貴士族の婚姻とあって参列者は何千人にのぼり婚礼の宴は三日三晩続くほどであったみたいです!

 

宴が三日三晩続くことはすごいことなのですね(^^)

 

結婚からほどなくして、朱景は身ごもったそうで、その時のお腹の子は今の王賁ということ、

ですが、出産目前にして妙な噂が流れたそうです。

その内容とは

朱景様は王翦様との婚礼の前に好いた男がいて

その男の種を宿した状態で王翦様と結婚したと

※1

 

というものでした!

 

周囲はすぐに朱景に聞いたみたいですが、朱景はこのことに関して固く口を閉ざしたみたいです。

この事実に驚く信。

 

固く口をとざすあたりが怪しいですよね。

真実はどうなのでしょうか?

ネタバレしていきます!

 

番陽が

とにかく朱景様が口を閉ざしたため

その真意が不明になってしまった

※1

と話しします。

 

それに対し、信は

じゃあその母ちゃんから無理矢理聞き出しゃいいじゃねえかよ

※1

といいますが、それができないと番陽はいいます。

 

なぜなら、朱景は生きていないからです。

 

朱景は王賁を産んだ後すぐに亡くなってしまったみたいです。

その時の様子が1ページ半を使って大きく描かれています。

 

そしてここで関常が話します。

決してありえぬことだがもし賁様の父上が王翦様ではないとしたら・・

王翦様にとって賁様は

愛する妻の命を奪った赤の他人ということになるのだ

※1

と話します。

 

つまり、最近の王賁に対する王翦の態度はそこからきているのではないか?

と関常と番陽は思っているということなのですね!!

 

 

 

 

場面は変わり、朝方、朱海平原十一日目を迎えようとしています。

徹夜で作戦会議をしていたであろう河了貂(かりょうてん)、羌瘣(きょう かい)、渕(えん)が机に伏して寝ています。

 

河了貂

 

という言葉に河了貂はびっくりし、起きます

横には楚水がいて、河了貂は思わず

おはよう

※1

 

とびっくりしながらも律儀にあいさつをする河了貂。

ちょっとかわいいです・・・笑

 

まだ暗いのに起こしにきて、河了貂は敵襲がきたのではないか?

と疑います。

 

楚水は

まずいことになった・・

※1

と話しします。

 

というのも、亜光軍の蔵である右翼の兵糧が底をついたとのことでした!

これには河了貂、羌瘣、渕3人が目をあけてびっくりしている描写が描かれております。

 

 

出典:https://hajimete-sangokushi.com/2018/10/25/

 

つかさず河了貂は亜光軍の予備はあるのか聞きます。

楚水は予備はあっても切り詰めて二日分と答えます。

しかし、本当に最後の兵糧なので、飛信隊に回す分はないということ。

 

飛信隊にも予備はあるらしく、でもこちらも二日分ぐらいだと言います。

 

戦いが始まり、兵糧が少ないせいか、飛信隊がおされてきています。

尾平隊からも救援がきており、松左が

いいよ

オレがいく

※1

といいます。

 

この様子を見て、楚水は

思ったより味方が頑張っている?

※1

と言いますが、河了貂は、これは、向こうが来ていないいいます。

 

その理由は、明らかに趙軍が様子を伺いながら戦っていること

向こうはこっちの兵糧が後少しということに気づいており、

気づいているからこそ適当にせめて、こっちの体力を奪ってきているということ。

なので、明日か明後日ぐらいから本格的にせめてくるに違いない

と推理します!

 

なので、今日明日で右翼の戦場を攻略しないといけないのに全く何も出来ていないことに悔しがります。

 

どうにかしたいのですが、打てる手がないらしく、本営の王翦軍が何かしてこない限りここは八方塞がりだということで、頭を抱えます。

 

 

そこに

テン

見ろよ

※1

後ろから頭を撫でる手がでてきます。

その手は信の手で、指差した方には、王賁が戦っています。

 

河了貂は王賁の行動に

なんであんな無駄なことを・・

趙軍の本番は明日以降なのに・・・

※1

といいます。

 

ですが、信は無駄じゃねえよと答えます。

 

その理由は、敵が明日以降に本腰いれてくるなら、今のうちにその力を少しでも削いでおこうという判断みたいです!

 

あいつは今やれることをやってんだ

坊ちゃんのくせにあがいてやがる

※1

と信は言います。

 

先ほどの真実を知っての言葉なのでしょう!

 

テン

俺らも今やれることをやるぞ

※1

と河了貂は元気付けます。

 

最後は飛信隊が

騎馬隊でるぞォ

玉鳳なんかに後れは取らねえぞ

※1

と言って終わります!

 

次回の578話はどうなっていくのでしょうか??

あと1、2日で決着をつけなくちゃいけないというのがわかったので、ここから右翼のクライマックスというところでしょうか?

 

次の578話が楽しみですね(^^)

 

 

キングダム578話ネタバレ!!

 

ここから578話をネタバレしていきたいところなのですが、まだ情報が上がっていないので、情報を掴め次第更新するのでお待ちくださいませ(^^)

 

 

 

キングダムの感想は?

ここでキングダムを読んだ方々の感想をツイッターから抜粋します(^^)

 

 

キングダムグッズをご紹介!!

ここでキングダムグッズをご紹介します!

気になるものがあったらクリックし、詳細や価格を確認してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

キングダム577話578話ネタバレ!最新関常と番陽の会話に信の反応は?

 

というタイトルでお伝えしました!

今後キングダムについて最新話はお伝えしていくので楽しみにしていてください!

 

次回の内容が気になる方はぜひ、↓のFacebookで「いいね!」かTwitterフォローしていただくと、最新情報をお知らせできるので試してみてください(^^)

 

ーーーーーーー

出典、引用

※1:ヤングジャンプ 47号から引用

 

Sponsored Links
320-100-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です