Sponsored Links

嵐甲子園主題歌(夏疾風)の歌詞の意味や曲の解釈にファンの反応は?

Sponsored Links
320-100-17

嵐の55枚目のシングル曲が夏の高校野球甲子園の主題歌に決まったそうです!

そこで今回は、そのテーマソングの歌詞の意味や解釈はどんなものなのか?

ファンの反応はどんなもの?と気になったのでお伝えしていきます!!

 

嵐さんの新曲の名前は「夏疾風」とのことで! 夏にふさわしいタイトルになっております!

また甲子園の主題歌に使われているだけあって、「疾風」って単語が絶妙にマッチしていますよね!!

こちら読み方が「なつはやて」と呼ぶそうです!

最初、「なつしっぷう」?と読んでしまったのですが、この2つの読み方、意味が違ってくるので、「はやて」をつかっているには意味がありそうです!!

疾風(しっぷう)の意味は 速く吹く風

一方、疾風(はやて)の意味は 急に激しく吹きおこる風

 

とのことです!甲子園高校野球では、いきなり流れが来て逆転できたり、大量得点したりするシーンを多くみかけるので、急に激しく吹き起こった流れを風に例えてタイトルを決めたのかもしれないですね!!

さてこの曲はどんな意味になっているのでしょうか??

引用:http://access01.com/2018/04/27/arashi/

Sponsored Links
320-100-17

甲子園主題歌(夏疾風)の歌詞の意味は?

ちなみにこの主題歌を作ったのは、ゆずの北川悠仁さんとのことです!

ゆずといえば、代表作に「夏色」がありますよね!

夏色は夏を代表する曲だと思ってます! なので、今回、「夏疾風」もゆずさんが手がけるのですから、夏にふさわしい曲、今後の夏の代表曲になる可能性大ですね!!

夏色はこちら


夏疾風はこちら!


個人的に好きなフレーズ集は

「きっとたどり着ける」→それって甲子園のことですよね? 歌に乗って伝えてくれるのが嬉しい!!

「明日へとまたつなぐ希望」→試合に勝てば、明日に希望が繋がるし、優勝への希望が繋がるって思うと勇気湧いて来ますね!

「1人1人の物語、泣いたり笑ったり喜び苦しみ分け合い助け合い」→1校1校の想いがつまっているような気がして、たくさんの共感を得られるような気がします!!

 

ゆずらしさと嵐さんらしさが合わさって爽やかな曲ですね!!

その歌詞について一部ですがご紹介します!!

 

今回、作詞作曲を務めた北川悠仁さんは、甲子園×嵐のコラボでどんな化学反応が起きるのか!多くの高校球児や、甲子園のスペシャルナビゲーターを務める相葉さん、ファンの方やたくさんの方の背中を強く押せるような楽曲にしたいと思ったみたいです!

また、北川さんは普段から嵐の曲をよく聴いていたみたいで、その曲の中にもお気に入りの曲がたくさんあるみたいです。曲を制作してる中で、頭の中で5人の歌声を響かせながら曲作りに励んだとのことです!

この曲を聴いて、多くのみなさんがこの夏を輝く夏になることを願っていると、とあるインタビューで語っています!!

 

曲の解釈にファンの反応は?

ここで、「夏疾風」を聴いたファンの方々に曲の解釈や感想を聞いていきたいと思います!!

率直な感想を聞きやすい場はツイッターですね!! それでは見ていきましょう!!

 

多くの人が嵐にこの曲はぴったり!なんども聞きたいと好評みたいですね!!

 

嵐グッズ紹介

ここで、待ちきれないという方のために! グッズをご 紹介します!!

気になるものがありましたら、クリックして詳細、値段等確認してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

嵐さんの甲子園の主題歌となった「夏疾風」の歌詞の意味について、

曲の解釈とファンの反応についてお伝えしていきました!

嵐さんの55枚目シングルであること。

ゆずの北川悠仁さんが作詞作曲を手がけていること。

北川さんは、多くの人の背中を押せる曲になるように制作したこと。

嵐の曲をよく聞いていたので、5人の歌声を想像しながら楽曲制作に打ち込んだこと!

ファンの反応も好評であること。

をお伝えしました! この夏、嵐さんの「夏疾風」で夏を乗り越えられること間違いなしですね!!

Sponsored Links
320-100-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です