Sponsored Links

ロシアW杯ベルギー戦の敗因や戦犯は?海外の反応や評価が気になる

Sponsored Links
320-100-17

今回は日本のベルギー戦の敗因や戦犯はだれ?という疑問や、海外の反応や評価はどうなのか? についてお伝えします!

6月15日から始まったロシアワールドカップはグループリーグ予選を終え、16チームが決まりました!

そして、6/30から決勝トーナメントが始まっています!

準々決勝は7月6-7日、準決勝は7月10日〜11日、3位決定戦が7月14日、決勝戦が7月15日で優勝が決まります!

日本は6/3の3:00〜ベルギー戦です。 ここで勝てば、初のベスト8入りを果たします!

ですが、日本は2点先に先取したものの、3点連続で点をいれられ、負けてしまいました!!

今回格上の相手でしたが、日本はだいぶ健闘したのではないかと思います!

ですが、2点先取したのになぜ負けたのか?

敗因や戦犯をさぐっていきたいと思います!!

出典:https://mainichi.jp/graphs/20180703/hpj/00m/050/001000g/22

 

Sponsored Links
320-100-17

ベルギー戦の敗因は?

日本の決勝トーナメント初戦はベルギー戦でしたが、結果は2-3で負けてしまいました!

負けた敗因はなんなのか?

試合をリアルタイムで見てましたが、マークにつくこと、ポジショニングが著しく弱いイメージがありました!

前半にベルギー選手がクロスからゴール前に上げたボールがありました。ベルギーは中へ折り返したボール。

川島GKも飛び出していたので、この折り返しボールが相手に反応されてたら、確実に入っていたというところでした!

この時、日本代表は誰もボールに反応できてなかったのです!

ゴール前なのになぜ反応できなかったのか?

様々な理由があるとは思いますが、個人的には、ゴール前でクリアして欲しかったボールです!

そういったマークの甘さが失点に繋がったのではないでしょうか?

もちろん、相手国も強いので、マークを外されるのは計算の内だと思いますが、ボールを最後まで見る追う必要があると思いまう!!

あと交代のスピードですよね! 2点入っているなら守りのカードを切ってもよかったのに。。

僕だったらそうしてしまいます。

一緒に見てた、サッカー経験者の知り合いは、その分DFを増やすと、中盤が手薄になって、どんどん相手MFの攻めが強くなると言っていました!

なので、このままの陣形でいいんだと言ってました!

ですが、3点も入れられてしまったら、意味ないじゃん! って僕は思ってしまいます。。

 

戦犯は?

今回の試合、戦犯はだれなのでしょうか?

見てた人はこう思ったと思うのですが、

1失点目の川島永嗣GKのあれは何?

って思いませんでしたか?

相手のシュートではない。パスだが、明らかに高いボール。

これを川島さんが見送ってゴールしてしまったシーンがあったのです!!

 

え?? キャッチしないの? と見てて思ってしまいました!

確かに蹴ったベルギー選手から遠い方のサイドネットに入りましたが、

最悪キャッチかパンチングでしょ??

と思ってしまいました! 今回の試合も何度もピンチを防いできた川島さん。

こんな形で失点するのは悲しいなーと思います!

このゴールも、一緒に見てたサッカー経験者の知り合いは

 

「あの角度は難しい。 相手選手のベディングがくるかもしれないから、その準備をしなくてはならない。 なので失点は仕方ない」

 

といっていました!  確かに、相手の次の攻撃がきたら準備しないといけないわけですが、実際攻撃がなく、そのまま入ってしまったのですから、そのままとっていいじゃん!

ってその解説を聴きながら心の中で思ってしまいました!!

 

ですが、さっきもいいましたが、川島永嗣さんは今回もたくさんのピンチをしのいでました! ベルギーから攻められることも多かったですし、合計シュート数もベルギーの方が倍以上多いかったです!

その中の何点かと考えれば仕方ない結果だったかもしれません。

キーパー目線からすれば、ここまでゴール付近まで持ってきてしまった味方にも責任があると思います。

海外の反応や評価は?

さて、海外の反応や評価はどんなものなのでしょうか??

朝方の試合であったため、まだ情報が十分集まっていないというのが実情です。

いつも注目のプレーについて、FIFA公式ツイッターからの辛口コメント、称賛コメントがあるので、情報があがり次第更新します!!

 

ですが、確実なのは、昌子 源選手の海外クラブ移籍ではないでしょうか??

今回DFでたくさんの選手をブロックし、同じラインの長谷部 誠選手とうまくコンピネーションとっていました!

海外クラブからオファーがくるかもしれません!

昌子 源選手についてはこちらで詳しく書いてます!

昌子源の海外の反応は?スカウトや移籍のオファーはある?

昌子源の腹筋と筋肉がすごい!成績を出すスピードの特徴は?

 

 

まとめ

日本のベルギー戦の敗因や戦犯はだれ?という疑問や、海外の反応や評価はどうなのか? についてお伝えしてきました!

敗因はマークの甘さ、戦犯は一応川島永嗣さんになりました!

ですが、FIFAランク3位のベルギーから2点とったのは日本の大きな成長ではないでしょうか?

今後の日本の活躍に期待ですね!!

Sponsored Links
320-100-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です