昌子源の腹筋と筋肉がすごい!成績を出すスピードの特徴は?

Sponsored Links

今回は昌子源さんの腹筋、筋肉がすごいという点と成績を出すスピードの特徴という観点から書いて行きたいと思います。

前回は昌子源さんを知っていく材料として、海外の反応やスカウトや移籍のオファーはあるのかについて書きました!

詳しくはこちら!昌子源さんのプロフィールも載せています!

昌子源のの海外の反応は?スカウトや移籍のオファーはある?

今回の知ってく材料として、腹筋、筋肉がすごいという点と成績を出すスピードの特徴に観点を置いて書いて行きます!

Sponsored Links

昌子源は腹筋、筋肉がすごい??

身長182cmと高身長の昌子源さん。

ポジションもDFなので、相手FWと競り合ったり、ゴール付近に上がってきたボールで競り合ったりと体がふつかる機会がとても多い印象があります。

当然その体を支える筋肉はすごいだろうなと気になったえーくは、昌子源さんの腹筋や筋肉の写真を調べてみました!

・・・

が!!全然ないー!! 現段階では情報がないので、集められる材料を集めて、昌子源さんがどんな腹筋をしているのかを想像してみます!

まずは、youtubeにあげられていた、昌子源さんと鹿島アントラーズの石井正忠監督の筋トレ対決です!

これは勝負になっているのでしょうか?笑  ダントツで昌子源さんの勝利です!笑

昌子源さんはこれだけでは足りず、シャドーボクシングもしてますね(^^)笑

次にJ1でのデータです! 2016年のJ1の公式データ「Stats Stadium」によると、

ボール奪取力は「20」リーグ2番目の「19」(偏差値80.4)をマーク。
守備力(相手パス、ドリブル、クロスを奪って自チームの攻撃につなげた際にカウントするポイントの偏差値)では「20」(偏差値97.7)を記録と、堂々とリーグトップの数値を残しているみたいです!

総合点だったらJリーグの中でトップに近いのではないでしょうか?

トップを張れるのは、体幹や技術にもよると思いますが、筋肉も影響しているのではないでしょうか??

次に昌子源さんと戦った相手についてです! 昌子源さんは2016年のクラブW杯の決勝戦でレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド選手と後半終了間際に1:1をして競り勝ったシーンがありました!

あのクリスティアーノ・ロナウド選手と競り勝つのであれば、クリスティアーノ・ロナウド選手と同じぐらい筋肉があるのではないでしょうか?

あくまでも想像です!笑

成績を出すスピードの特徴は?

昌子源さんの今の成績を出すスピードの速さに特徴はあるのでしょうか?

昌子源さんの得意とするプレーから見て行きます!

幼少期はFWだったため、足元の技術がしっかりしているようです!

相手FWがボールを奪いにきたところ、キックフェイントを加えて翻弄し、クリアするシーンもあるみたいです!

また、スピードもあるのでスペースある状況でのドリブルは、突破に期待できるとのことです!

クリスティアーノ・ロナウド選手の時のように、1:1での強さ、泥臭く守る力が強いそうで、相手選手のドリブル突破を防ぐシーンが多いとのことです!

また、身長が182cmあるので、空中戦につよいとのこと、ディフェンスでは、もちろん、ゴールも決めれる技術も持ち合わせているそう!

その技術は、高校時代にかつて鹿島アントラーズの伝統の背番号3番の始まりである秋田豊選手から直接指導を受けた事も大きく影響しているみたいです。

そして現在、鹿島アントラーズの伝統の背番号3番は昌子源さんがつけています。

以上の特徴があるからこそ、今の成績があるのですね!

昌子 源グッズを紹介!!

昌子 源さんのグッズを紹介します!

気になるのがあったらクリックして、詳細や価格など確認して見てください!

みんなで日本を応援しましょう!!

まとめ

昌子源さんについていかがだったでしょうか? 昌子源さんの筋トレシーン、データ、クリスティアーノ・ロナウド選手の1:1から腹筋、筋肉を想像して、これぐらいあるだろうと想像しました!

成績を出すスピードの特徴としては、足元の技術、スピード、守備力、高さが強いということを書きました!

昌子源さんの今後の成長と活躍が楽しみです!

Sponsored Links
↓ONEPIECE一覧↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

フォローする
FBページ