Sponsored Links

進撃の巨人110話ネタバレ!最新エレンの状態とマーレ人とジークは?

Sponsored Links
320-100-17

別冊マガジン11月号が発売されました。

 

そこで今回は、進撃巨人110話をネタバレしていき、最新エレンの状態とマーレ人とジークは?

についてネタバレ、画バレしいきます!!

 

 

出典:http://xn--u9j4g9dxd292pfbtfskdg9f.com/

 

 

まずは、進撃の巨人の最新の発売を待ち望んでいた人たちの声を聞いていきましょう!

 

 

 

 

終盤にさしかかってきて、各々みなさんの感想や考えてることがみえましたね(^^)
とっても内容が深くて面白い進撃の巨人。

110話はどうなっていくのでしょうか??

 

それでは本編のネタバレと画バレに移っていきましょう!!

 

 

Sponsored Links
320-100-17

進撃の巨人最新110話ネタバレ!

 

最初は村に煙がたちこめている描写からのネタバレ、画バレです。

 

これはガス兵器というものだそいつは風下から霧のように広がり

その村を覆い尽くした

※1

とナレーションが入ります。

 

 

おれの脊髄液を含んだガスだ

※1

とジークが言います。

 

そのガスをわずかでも吸った「ユミルの民」はその直後に体が硬直し体の自由は奪われ意識を失う

詳しい仕組みは教えられていないが・・

ほんのわずがでもおれの脊髄液が体内に侵入したユミルの民は

巨人の力の送り先をなる座標が刻みこまれる

あとは俺が命令を下すだけで「道」を通じて巨人の力が座標に送り込まれる

その巨人は俺の「獣の巨人」と介した道で繋がっている

だから俺の意思が介入しおれの命令通りに動く巨人となる

※1

とジークは話します。

 

ここで回想はおわり、リヴァィが

その村じゃない「ラガコ」村だ

お前が皆殺しにしたエルディアの村の名前だ覚えておけクソ髭

※1

と話します。つかさずジークが

 

ああ 俺だってできることなら避けたかった・・

だがやらなければ・・

俺の真意はエルディア復権にあるとマーレにバレてこの村に希望をもたらすことは叶わなかっただろう

※1

と話します。  そして、リヴァィになぜ同じ話をなんども聞き返す?

と聞きます。

 

リヴァイは

お前が耳カスほどの罪悪感も感じちゃいねぇことがよくわかる

本当にエルディアを救うつもりなのかしらねぇが当の人命に興味がねぇことは確かだ

※1

と話します。

 

そして、

お前モテねぇだろ

※1

といったジークは

 

それで俺とエレンが会って実験を開始するのはいつだ?

※1

とききますが、リヴァィは

 

決めるのは俺じゃない

本部の命令を待っている

※1

と返します。

 

 

描写は変わって、イェレナとピクシスがテラスのようなところで椅子に座っているネタバレに映ります。

 

後ろには3人の護衛がいます。

 

イェレナが

私はあの日エレンに会いに行きました。

今まで隠していたことを謝ります

これで義勇兵が拘束されるのも無理がありません。

※1

 

これを聞き、ピクシスは

またえらくしおらしいのぉ

ジークの計画の打ちなびくよう説得したと言うわけかの?

※1

と聞きます。

 

そのようなことはしていませんが、私は焦っていた

仕方のないことですが・・あなた方は世界を知らない

このまま結論を先延ばしにする日々を続けていけば・・・

エルディアは手遅れになると

その危機感を感じていたのはエレンも同じでした

私たちが問題解決に向け思いを共にするまでそう時間はかからなかった

※1

 

ピクシス

それでエレン自らマーレの中枢に潜伏し兵団を動かすよう助言しなさったか?

※1

 

イェレナ

そんなことは言ってません

ただ・・兵政権にはっぱをかける必要があると申しました。

※1

 

ピクシス

そのようなことなら兵団に直接怒鳴り

込めばよろしかろう

危険を冒してまで密会するからには具体性のある取り決めを交わすものじゃろ?

※1

 

イェレナ

おっしゃる通り敵国の元マーレ兵と始祖を会わせることは危険を伴う行為です

公の場であっても我々は彼との面談を申し出ることすら叶わない立場でした。

※1

 

ピクシス

なるほど ・・・義勇兵の不信を恐れたが・・それでも密談に踏み切った甲斐もあり

エレンの誘導に成功しジークが望んだ通りの結果を得たわけじゃな?

※1

と話します。

 

イェレナは

そんなことでは意味がありません!

私はただエレン・イェーガーに私を知ってほしかっただけで・・

※1

と言うと、沈黙になります。

 

 

いえ 我々にとってエレンの持つ「始祖」はマーレを打ち砕くのぞみなのです

ジークが我々にその希望を見せてくれたように

エレン・イェーガー自身に主体的な思想があることを私は求めました。

彼は我々が望んだ通りマーレに大損害を与えました・・

いえ 彼は想像以上です・・

マーレ市民に多数の被害がでたことは残念ですが・・

醜悪なるマーレ軍高官は一掃された

彼はたった一人で我々を先導してやり遂げました。

我々を長年苦しめてきたマーレに天罰を下したのです。

それほどの器の持ち主である彼が「始祖の巨人」を宿しているという事実

ここにいる我々は歴史が変わる瞬間に立ち会っているのです

2人の兄弟によって世界は生まれ変わります

私はそれを彼らの近くでみていたいだけなのです

※1

とイェレナは話します。

 

ここでピクシスが

つまりエレンと密会した真の目的は好奇心にあると?

※1

と聞きます。

 

イェレナは

そうなります。

他の義勇兵は私が密会したことを誰も知りません

フロックを仲介役に持ち込んだのは私が彼に危機意識を煽ったからです

すべては私の軽率な行為に他なりません。

私があなた方を欺いたのは紛れもない事実

首をくくられても自業自得です

ですが私の行動のすべてはエルディアを思ってのことです

※1

 

とここで、イェレナとピクシスの間を割って、テーブルを右手で叩くアンカがでてきます。そのまま間に座ります。

 

ピクシスが

わしもそう信じたい

エレンと交わした会話のすべてを聞かせ願おう

うまい嘘のつき方を知っとるか?

時折事実を交えて喋ることじゃ

※1

と右手人差指と中指をおでこに当て、話します。

 

 

 

ここで描写はかわり、オニャンコポンとハンジのやりとりのネタバレに入ります。

 

オニャンコポンが

このごに及んで我々を疑うなんて正直失望しましたよ!

ハンジさん!

俺たちは共に命を賭けてマーレと戦ったんですよ?

今更ジークさんがマーレの二重スパイであるとでも言うつもりですか!?

それに今こんなところで兵を割く時間なんてあるのですか?

俺たちは仲間でしょう?

この三年間共に汗を流して培った鉄道も貿易もこの島を豊かにしたはずです!

俺たちはエルディアに尽くして・・

その結果が人質とは・・

※1

と話します。

 

ハンジは

弁解の余地もないよ・・

すまないけどもう少しの間耐えてほしい・・

10ヶ月前の鉄道開通式からこんなことになるとは

※1

と話します。

 

オニャンコポンは

まったくですよ!

皆でエルディアの未来を近いあったのに・・・

※1

というと、ハンジが突然

 

オニャンコポンの顔の前に引きつった表情で顔を近づけます。

 

えっ  イェレナがエレンと密会したことを認めた・・?

本当ですか??

※1

とオニャンコポンがびっくりしています。

 

本当に知らなかった?

※1

と問うハンジに知らなかったと答えるオニャンコポン

 

イェレナがそんなことするわけないとは言わないんだね

彼女ならやりかねないと思っているから?

※1

 

とさらに聞きます。

 

いえそんなことは

※1

と答えるオニャンコポン

 

ハンジが

順序は正しくないが君たち義勇兵を拘束しなくてはならない理由ができた

イェレナについて知っていることを全部話すんだ

我々の今後のためにも・・

※1

と話し、オニャンコポンは話します。

 

知っての通り我々義勇兵を組織したのはイェレナです

ジークさんの「秘策」を旗印にしてマーレ兵の中から反マーレ派を集めたわけですから

最初はお互いに疑心暗鬼になりうまくまとまらなかった・・

その度にイェレナはマーレ人に銃を向け

自ら手を汚すことでジークや組織への忠義を俺たちに示してきました

寝食を共にした友であってもこちらを疑ったマーレ人はすべて事故死として葬った・・

(ここでイェレナがマーレ人に銃を撃ってるのが描写されています。)

俺たちもそれがマーレ人に奪われてた祖国のためだと信じることで乗り切ったんです。

俺には彼女が密会した理由はわかりません・・・

俺たちは最初からそこの知れないイェレナの背中を追いかけるのみでしたから・・

※1

とここで、ハンジが発言します。

 

変だな

そこまでマーレ人に容赦のなかったイェレナがこの島ではマーレ人を捕虜にして極力殺さないように努めた

むしろ捕虜に仕事をさせたりしてある程度の自由を与えている

※1

と言います。

 

ええ 確かに以前の彼女からすれば寛大ですが俺たちは彼女なりの贖罪意識の現れと理解しました

・・ここはマーレ本土ではなく島ですし

※1

とオニャンコポン

 

ハンジが

でも

イェレナは兵政権に反発してまでマーレ兵の人権を譲らなかった

あれほどの義勇兵が疑わないようにきを使った彼女がそこだけは・・

私についてきてくれオニャンコポン

※1

といいますが、オニャンコポンは

 

ここから出るってことですか?

なんかイヤなんですが・・・

※1

といいますが、

 

ハンジは

私が話をつけるから行くよオニャンコポン

※1

とどうやら連れ出すそうです。。

 

 

 

 

と描写はまたかわり、アニの水晶体前のネタバレです

 

アルミンが水晶体に触ろうとします。

とそこに背後からヒッチが

コラァアアアアアアア!!

※1

と新聞紙みたいのを丸め、メガホン代わりにしてさけびました!!

 

ヒッチが

お客さんその子はおさわり厳禁なんですけど

※1

といいます。

 

アルミンは

違うんだヒッチ!!これは

なにか重大な情報手にはいるかもしれなくてやましいことを考えてたわけじゃーー

巨人の記憶っていうのは接触がきっかけとなることが多くあって

本当に実際にそうなんだ

※1

といいます。

 

アルミンが

そりゃあ男の子だもんアニの重大な情報が気になるのもわかるわ

※1

と言います。

 

アルミンは

うぐぎぎ

僕が 僕が悪かったから

入場禁止だけはどうか・・・

※1

といいますが、ヒッチは

 

そんなことしないっての

アニも話し相手が私だけじゃあ退屈でしょ?

まったくあんたは寝てるだけなのになんでモテるのさ

※1

といい、外にでます。

 

ヒッチが

あの子に熱をもつものいいけど

世間がどうなってんのかわかってる?

これ読んで

※1

とさっき丸めてた新聞をアルミンに渡します。

 

「兵団が権力に固執するあまりエレン・イェーガーを不当に拘束」

「義勇兵を裏切り利益を独占が」

兵団への疑念が過熱していってる・・

※1

というコメントにたいしヒッチは

 

兵団は民衆が満足いく回答を何も言ってくれないしね

そりゃ無理もないわ

※1

 

アルミンが

かと言ってジークの存在が地鳴らしの件を明かすわけにはいかない・・

早く僕らでエレンの真意を確かめないと

※1

とそこへ

 

報告をいぞげ!!

※1

と前を走る兵2人

 

とここで急に門の前で

エレンを解放しろ!!

エルディアを救えるのはエレンだけだ!

食い殺された国民の無念を晴らせるのはエレン・イェーガーだけだ!

新生エルディア帝国はエレン・イェーガーあってのものだ!!

※1

と大勢の国民が押し寄せてました!

 

なんと、兵団支部全体をこの民衆が取り囲んでいるそうです。

 

とそこへミカサがきます。

アルミン

よかった無事にこれたんだね

※1

と言います。

 

すると建物の脇で調査兵団の新兵が複数人走ってるのを見てミカサが

あ 調査兵団の新兵・・

あの子達がなんで本部に・・?

行こうアルミンようやくもらった時間を無駄にできない

※1

といい、ザックレーの部屋の前の前までいき、ノックし、入室します。

 

 

 

 

アルミンが

ザックレー総統

本日はご多忙の中お時間をいただき感謝いたします

※1

といいます。

 

ザックレーは

こちらこそこんな日にすまない

最初の申し出からずいぶん時間がたってしまった

かけたまえ

シガンシナの英雄よ

ハンジは相変わらず飛び回ってるらしいな

※1

と会話が始まります。

 

アルミンが

はい 確かめないといけないことがあると

※1

と話すと

 

ああ 義勇兵を一人連れまわすことを許可したが

君たちをエレンと面会させることはできない

※1

とザックレーは話します。

 

どうしてでしょうか?というアルミンの問いにザックレーは

義勇兵とエレンの接触が明らかになったからだ

エレンは10ヶ月前から義勇兵と密会していたことをひた隠しにして今回のマーレ教習劇も及んだ

現在は密会を企てた首謀者や関わったものへの調査が続いている

少し前なら君たちの提案を受け入れられたかもしれないが・・

エレンは今回の発覚を受けて以降黙秘したままだ

彼が単独で過ごしたマーレでの時間についても依然として空白のまま

当然今の状態のまま実験を行うわけにはいかない

これは義勇兵から我々兵政権に対する重大な主権の侵害だ

おそらくエレンはジークにあやつられていると我々は見ている

※1

ここで、ミカサとアルミンの二人のアップになります。

 

 

続けて、

他ならぬ君たちだから話したがくれぐれも内密に頼む

※1

というザックレーの言葉に

 

エレンがそんな・・・

※1

とアルミンは話します。

 

エレンはどうなりますか?

※1

とミカサが質問します。

 

沈黙ののち、ザックレーがチラっと視線をそらします。

その先には椅子があり、

あれはなんですか?

※1

とミカサが聞くと、ザックレーは

 

なんでもない

置き場にこまったものを先ほど新兵に運んでもらったのだ

※1

といいます。

 

しかし総統!

エレンが黙秘するのでしたらなおのこと彼を幼少期から知る僕たち二人がお役に立てるのではないでしょうか?

確実にエレンから真意を聞き出せるとはもうしませんが・・

許して損はしないはずです!

※1

とアルミンは説得します。ですが

 

自体はより慎重を期す

話しは以上だ

※1

と言われてしまいます。

 

部屋をでて扉を閉めたあとにミカサが

なぜ?

アルミンの言う通り損はないはずなのにどうしてだめなの??

※1

という問いにアルミンは

 

考えられるとしたら

兵政権はすでにエレンを見限っているのかもしれない

※1

と話していると、兵士が3人ザックレーの部屋にノックして入ります。

 

それを見ながらアルミンは

もしそうだとしたら始祖の継承者選びも始まってる

※1

 

ミカサが

あの部屋の会話を聞いてくる

※1

といいますが、待ってとアルミンは腕をつかみ、とめます

 

まだそうだと決まったわけじゃないだろ?

今兵規違反を犯しちゃまずいよ

※1

 

というが、ミカサは

 

いいえ、状況がこうなった以上は兵団の方針をいち早く知る必要がある!

何があっても私はエレンをーー

※1

とここで、ミカサが後ろのザックレーの部屋から何かを感じとったらしく、アルミンを抱え、飛びます!

と同時に大きな爆発がおきます!!

門の前にいた民衆も爆発が見えるぐらいおおきなものです。

 

みんなびっくりした表情の中、空に何かがとびます。

門の前におちたのは、なんと!さっきまで話ししていたザックレーの上半身でした。

もちろん即死のようです。。

 

ミカサが

アルミン!!怪我は?

※1

と声をかけ

 

ここから離れよう

※1

とその場をあとにします。

 

下におり、

総統は??

※1

とミカサヒッチに聞きます。

 

見てのとおりだけど他には誰かいたの??

※1

と上半身しかないザックレーの状態を見ての通りと答えるヒッチはさすが。。としかいいようがないです・・笑

 

とここで

心臓をささげよ!!

※1

と民衆から声が聞こえます

 

俺たちのいかりが届いたんだ!

※1

民衆が盛り上がります

 

心臓を捧げよ

※1

とおおきなコールがかかります。

 

 

 

描写は夜になり、みんなを集め、ローグが話すネタバレです

 

ザックレー総統の私物である特注の椅子

これに爆弾がしかけられてたと見ている

総統を含む兵士が4名犠牲になった

犯人も目的も不明

※1

と話します。

 

ハンジが

義勇兵は全員軟禁中だ

※1

と話し、

 

アルミンが

あの椅子は 

新兵に運ばせたと総統はもうしておりました・・

僕とミカサは総統の部屋を訪れる数分前に・・

本部から走り去る新兵をみました・・

調査兵団です

※1

とみんなに言います。

 

ナイルが

調査兵団と言えばエレンの情報を外に漏らして懲罰を受ける者共がいると聞いたが・・・

※1

という発言とともに後ろの扉があきます!!

 

 

緊急事態です!!

エレン・イェーガーが地下牢から脱走しました!!!

巨人のちからを発動させ一瞬で抜け穴を穿ちそこから逃走した後!!

穴を塞ぎ追跡から逃れました!!

※1

と報告がはいり、部屋にいた人たちはざわつき、

 

兵を総動員して捜索だ!!!

※1

と言っている中、ミカサは

 

アルミン・・・

一体どうなっているんの?

※1

と現状を理解できていない表情です。。

 

 

 

 

 

描写はかわり、上裸のエレンです。

ここからはエレンサイドのネタバレです。

 

多いな 何人いる?

※1

とフロックとその後ろの兵士に向かって話しします。

 

フロックが

ここにいるもの以外にも俺たちの味方はもっといる

俺たちを懲罰房から逃し今日ここで落ち合うようお前に伝えた看守も皆兵団内に潜んでいる

ダリスザックレーを爆弾で吹き飛ばしたものもいる

兵政権がお前の「始祖」を都合のいいやつに継承させるよう進めたからだ

このエルティア帝国を救えるやつは

お前しかいないのにな

エレン・イェーガー

※1

と言いながら、上着を渡します。

 

その上着を切るエレン

背景に朝日が登ります。

 

ジークの居場所を特定する

それだけだ

※1

とエレンが言います。

 

描写は代わり、馬車内

 

ミカサ、アルミン、ハンジ、オニャンコポンが座っています。

大丈夫だよ ミカサ

エレンならわかってくれる

話しあえば・・きっとわかってくれる

※1

と言うアルミン

明らかに、ミカサの顔が死んでるのがわかります。

 

その馬車がすぎた小さな噴水のとこで座って、新聞を読んでる人がいます。

アップになるとその顔はなんと!

マーレのピークでした!!

 

とここで、進撃の巨人110話のネタバレが終わってしまいます。

次回111話は内紛がおきてしまうのでしょうか??

 

 

 

進撃の巨人グッズをご紹介!!

ここで進撃の巨人グッズをご紹介します!!

 

気になるものがあったらクリックして、詳細や価格を確認してみてください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

進撃の巨人110話ネタバレ!最新エレンの状態とマーレ人とジークは?

 

というタイトルでお伝えしていきました!!

 

次回111話も楽しみですね!!

 

次回の内容が気になる方はぜひ、↓のFacebookで「いいね!」かTwitterフォローしていただくと、最新情報をお知らせできるので試してみてください(^^)

Sponsored Links
320-100-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です