クリンスマン監督の経歴や戦術と采配の特徴は?年俸や日本人に合う?

Sponsored Links

日本代表の新監督がクリンスマン氏になるのではないかと報道されています。

そこで今回は、クリンスマン監督の経歴や戦術、采配はどういった戦い方をするのか?

また、年俸や日本人と合うのか?コミュニケーションをとれるのか?

についてお伝えしていきます!

引用:https://spread-sports.jp/archives/6282

Sponsored Links

クリンスマン監督の経歴は?

クリンスマン氏の経歴は、まず現役時代ですが、1987年の当時23歳で代表デビューを果たし、1988年のソウル五輪では銅メダルに貢献しました!

2年後の1990年のイタリアW杯では優勝に貢献し、キャプテンとしてチームを支え、出場したワールドカップ3大会ともにゴールを量産し、通算11得点。

通算成績は108試合47得点とのことです!

代表引退後にコーチライセンスを獲得し、2004年の40歳の時にドイツ代表監督に就任しました。

就任後のW杯では、3位と成績を残し、契約満了。 2011年にアメリカの代表監督になります!

2014年のワールドカップでは、アメリカを決勝トーナメント進出にまで導いた監督です。

2016年にアメリカ代表監督の解任を受け、現在にいたっております。

戦術と采配の特徴は?

戦術や采配についてですが、4-2-3-1の陣形を活用することが多いようです!

まずチーム内で競争を激しくすることで、緊張感を保つ雰囲気づくりを意識しているみたいです!

選手としては、精神的にきついのですが、その方が成長すると考えているとのこと。

これはメディアから反発をたくさん受けそうな予感がしますね。

またこれは選手のみならず、スタッフにも同様に行うみたいで、勝つためには手段を選ばないみたいです!

ものすごくストイックな人なのですね。聞いただけで緊張感あるチームができる予感がします。。

過去の行いからその緊張感が伝わるのですが、ドイツ監督時代にキャプテンを長年務めていたゴールキーパーをスタメンから外し、3人のキーパーをローテーションで回すという方法を採用して、固定レギュラーの保証がない緊張感溢れる雰囲気を作ったみたいです!

この方法をとった理由としては、ドイツは上下関係が激しく、OBや恩を大事に尊重する傾向にあるみたいです!

ですが、ここを大事にするあまり、チーム内でマンネリが続いてしまい、成果とは違う方向にエネルギーが使われているところにクリンスマン氏がメスをいれたそうです!

そういったドイツの姿勢は、日本にも当てはまる所があると思います。

そういった点で今回の採用なのでしょうか?

年俸や日本人に合う?

関係者によると、年俸は200万ユーロ(約2億6000万円)という話しがあがっているみたいで、クリンスマン氏は就任に前向きな姿勢を見せているみたいです!!

というのもクリンスマン氏は日本のことを以前から注目していたみたいです。

その縁あってか、実は、日本vsベルギー戦の中継解説を英BBC放送で務めていたみたいで、試合結果をこのように語っております。

日本の敗退を悲しく思う。しかし、彼らは顔を上げて帰国するだろう。最後まで戦い、自分たちの強さを証明した。70分まで彼らが勝者になるように見えた」と称賛。一方で「日本は最後の2分間を後悔するだろう。FKやCK時に全てを前方に進め、後方部が少しオープンになりすぎた

引用:https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/07/03/kiji/20180703s00002014299000c.html

と適切な解説をしています! このままクリンスマン氏が監督になったら、日本のそういった弱点を把握しているので、改善してくれ、さらに強くしてくれるのではないでしょうか??

日本代表グッズを紹介!!

日本代表グッズを紹介します!

これで日本代表を応援してみてはいかがですか?

気になるのあったら、詳細と価格も確認してみてください(^^)

まとめ

クリンスマン監督の経歴や戦術と采配について。

年俸や日本人に合うのか?についてお伝えしました!

代表監督は2ヶ国あり、W杯で3位まで持っていった経験があること。

チーム内で競争意識を高め、チーム全体のスキルアップをするストイックな監督であること。

ドイツと日本の人間性、気質が合致しており、ドイツの監督を経験したことあるクリンスマン 監督なら、日本に合うのではないか?

解説で弱点も把握しているので、より日本が強くなる可能性も十分あることをお伝えしました!

今後の日本サッカー協会の動きに注目ですね!!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

フォローする
FBページ

コメント