Sponsored Links

キングダム573話ネタバレ!最新本バレ展開を速報で考察まとめ!

Sponsored Links
320-100-17

ヤングジャンプ42号が発売されました!

 

そこで今回は、キングダム573話のネタバレをしていくと共に、最新本バレ展開を速報で考察まとめをお伝えしていきます!!

 

注意!!

この先は最新話573のネタバレとなります。ご注意ください!

 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=GcpBJxQ5THM

 

Sponsored Links
320-100-17

キングダム573話ネタバレ!

敵将ブネンを打ち破り、やられたブネンと横になっているキタリが描かれています。

そこに

やったなキタリ殿

※1

と壁が言葉をかけます。

 

そこで、フィゴ王ダントが

あとはこの犬の大将を討つ番だが

思ったより骨が折れそうだのう

※1

と自分よりも2倍ぐらいある犬戒王ロゾに向かっている場面が描かれています。

 

ですが、ダントはロゾに顔面に一撃を食らってしまいます!

 

ここでロゾが「元を正せば犬戒こそ西戒の祖」

つまり我こそ貴様らの犬戒王ロゾである

※1

とアップで顔が映し出されます!!

 

その中、敵軍が楊端和を殺せ!! と士気が上がって行きます!

その中、キタリは

楊端和をまもるとあいつと約束した

お前も約束を守れよ

壁将軍

※1

と心の中でつぶやきます!

その約束とは、ロゾを討つことなのでしょう。

 

ですが、壁将軍側は、

ロゾの背中側に回っており、その背中を守る親衛隊の強さが尋常ではなく、前に進めないのが描写されています。。

その援軍が「正面からやりあっているフィゴ王がもう」

と敵将の目の前で殺しあっているフィゴ王を心配しています。

 

ここでフィゴ王はまたもロゾから顔面に一撃を食らいます。

 

ここでロゾが

王の一撃は岩より重かろう

※1

 

というのですが、ここでフィゴ王が

何が岩より重いか!

立ち向かう者共の刃の方が一千倍重いわァ!

※1

とお返しに顔面に一撃いれますが、ロゾの方が強く、逆に反撃されて顔に一撃食らってしまいます。。

 

ですが、フィゴ王はこれが作戦だったみたいで、この間に壁が背後に接近してロゾに一撃を喰らわそうとします!!

 

ですが、相手の一回りも大きいロゾは反応スピードも早く、壁は右脇腹に一撃くらってしまい、

そのままバランスを崩し、運悪く顔面から地面に落ち、意識を失ってしまいます。

 

ですが、そのロゾの一撃の瞬間をダントが見逃していませんでした!

背後から槍の先でロゾに一撃を食らわします!!

 

続けてもう一撃、今度はお互い相手の馬の首を跳ねながら、相打ちをしてお互い落馬してします。。

 

ここでチャンスと思ったダントですが、さすが犬戒王、ロゾの方が攻撃が早く、ダントは槍を防ぐしかありません。

そこで防ぎながら、フィゴ王は

仕方ない、やはり今宵の英雄の座は貴様に譲ってやるわ

壁将軍

※1

と、1ページ半を使って、壁将軍が背後からロゾに一撃を食らわす寸前の描写が描かれており、

そのまま1ページ使って、ロゾの横から槍先で頭を両断する姿が描かれております。

 

この時のロゾは今までの一撃とは違く、頭を半分にきられ、なおかつ右目玉が飛びでてしまっています。

おそらくこれで倒された描写なのでしょう。

 

ここで、573話は終了します。

 

次号では再起不能で死亡している犬戒王ロゾが描写されていると思います。

 

カタリの仇を討ったキタリ、ゾロを討ったダントと壁は次はどこに向かうのでしょうか??

 

キングダムグッズをご紹介!!

ここでキングダムグッズをご紹介します!

気になるものがあったらクリックし、詳細や価格を確認してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

キングダム573話ネタバレ!最新本バレ展開を速報で考察まとめ!

 

というタイトルでお伝えしました!

今後キングダムについて最新話はお伝えしていくので楽しみにしていてください!

 

次回の内容が気になる方はぜひ、↓のFacebookで「いいね!」かTwitterフォローしていただくと、最新情報をお知らせできるので試してみてください(^^)

 

ーーーーーーー

出典

※1:ヤングジャンプ NO.1から引用

Sponsored Links
320-100-17

8 件のコメント

    • 大変失礼いたしました。
      修正完了しております。

      ご指摘ありがとうございます。

    • 大変失礼いたしました。
      修正完了しております。

      ご指摘ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です